全身がんドック(DWIBS)

部位ドック

全身がんドック(DWIBS)

価格

¥110,000(税込)

検査項目

全身MRI 胸部CT
※体内に金属がある場合は受診していただくことができません
※CT検査は放射線被ばくがあります。

このような方におすすめ

短時間で広い範囲を検査したい方  家族歴

MRIを使用したがん検診です

全身がんドック(DWIBS)では、MRIを用いて頸部から骨盤までの全身撮影を行い、一度に全身(撮影の範囲内)のがんを検索します。
MRI検査は放射線を使用しないので被ばくはなく、造影剤を使用しないので注射はありません。
また食事制限や事前安静・検査後の待機などもなく、PETを受けることができない糖尿病の方でもお受けいただけます。
描出されやすいがんは肺がん、乳がん、腎臓がん、大腸がん、膀胱がん、前立腺がん、子宮卵巣がんなどで、これらはPET-CTと同等の検出能力があると言われています。これら以外のがんも検出が可能です。がん以外に、脾臓、精巣、卵巣などの正常組織や、炎症なども検出されます。
DWIBSで異常を発見しても、他の検査で正常と診断されることもあるため、他の検査結果とあわせてがんか否かを判断します。
検査時間は30~40分とPET-CTと比較して短く、楽にご受診いただけます。

肺がんは、MRIよりも検出能力に優れている低線量CT検査で検出します。

DWIBS‥Diffusion-weighted Whole bode Imaging with Background body Signal

検査画像

PET-CTとの比較

  DWIBS PET-CT
薬剤注射 なし 放射線薬剤注射
食事制限 なし 検査前5~6時間の絶食
検査時間 30分程度 30分程度
事前安静 なし 1時間程度
検査後待機 なし 30分~1時間
糖尿病罹患者 検査可能 検査できない場合あり
放射線被ばく なし 薬剤とCTから


がん死亡数
順位
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
大腸 すい臓 肝臓 胆のう
胆管
乳房 悪性
リンパ腫
前立腺 食道 膀胱 白血病
DWIBS ×
PET-CT × ×

 

◎:適している ○:判定可能 △:不向き ×:判定不可能
国立がん研究センターがん情報サービス「がん統計」2020年(厚生労働省人口動態統計)