新型コロナウイルスS抗体(中和抗体)検査のご案内

脳ドック

部位ドック

脳ドック

このような方におすすめ

高血圧 糖尿病 脂質異常症 肥満 過度な飲酒 喫煙習慣 家族歴 不整脈 心疾患 経口避妊薬の服用 物忘れが気になる方*

脳の病気を早く見つけ予防します

脳梗塞、脳出血、脳動脈瘤などを7種類のMRI撮影法で発見するのがmedockの脳ドックです。頸動脈は血管内を詳細に観察できる頸動脈エコーで検査いたします。
隠れ脳卒中といわれる、症状の出にくい脳出血や脳梗塞であっても、脳はダメージを受けているため認知症や言語障害などの原因になります。このような小さな病変も早めに見つけることで、生活習慣を改善しリスクを抑えることができます。
50歳代の10人に1人、60歳代の5人に1人いるとされている隠れ脳卒中、40歳代から始める脳ドックで将来のリスクを減らしましょう。

※物忘れが気になる方向けの認知機能検査(VSRAD)も追加オプションとしてお受けいただけます。

要介護者の原因疾患

2019年
厚生労働省
国民生活基礎調査

検査項目

頭部MRI 頭部MRA 頚動脈超音波

オプション検査:認知機能検査(VSRAD)