メンズドックはじめました

前立腺肥大症は、前立腺の内腺(中心領域・移行領域)と呼ばれる内側の部分が肥大することにより尿道を圧迫します。これにより、尿が出にくい、尿切れが悪い、頻回にトイレに行く、などの症状が比較的早期に現れます。

前立腺がんは、主に前立腺の外腺(辺縁領域)と呼ばれる外側の部分に発生し、がんが次第に大きくなることで尿道を圧迫します。そのため初期のうちは症状がほとんどありません。進行すると前立腺肥大と同じような症状が表れますが、ゆっくりと進行するため発見が遅れることもあります。
その発生には男性ホルモンが関与しており、加齢によるホルモンバランスの変化が影響すると考えられています。

いずれの病気も中高年男性にとって注意すべき病気です。
残尿感、頻尿など尿のお悩みをお持ちの方はメンズドックの受診をお急ぎください。

只今キャンペーン価格にてご提供しております。
症状がなくても、ご自身の前立腺をチェックする良い機会です。
前立腺がんは早期に発見すれば治せる病気です。また、多くの場合は比較的ゆっくり進行します。
ぜひ、medockのメンズドックをご受診ください。

検査内容:前立腺MRI PSA(腫瘍マーカー)

アーカイブ

カテゴリー